初心者のためのゴルフの始め方ガイド by GOLF5初心者のためのゴルフの始め方ガイド by GOLF5

練習をしよう

上達への近道!初心者におすすめの練習器具8選

2022/06/16

上達への近道!初心者におすすめの練習器具8選
iStock.com/OtmarW

ゴルフを始めてラウンドにも慣れてくると、もっときれいなスイングをしたい、もっとスコアを良くしたいと、上達を望む人は多いです。しかし、ほとんどの人は仕事や家事に追われて、毎日のように練習場に通うことは難しいのではないでしょうか? そこで今回は、隙間時間や寝る前などにもできる、初心者が上達するためのおすすめ練習器具をご紹介。少ない練習時間で効率良くゴルフの上達を目指しましょう。

正しいスイングを身に付けたい時の練習器具

iStock.com/Dmytro Aksonov
iStock.com/Dmytro Aksonov

まずは、正しいスイングを身に付けたい時に活躍する練習器具をご紹介します。

どれも省スペースで思い立ったらすぐに練習できる器具です。

フレループ

正しいスイングを身に付けられる練習器具1つめは、「フレループ」です。

小林佳則プロが発案・監修し、石川遼プロや渋野日向子プロが使用したことで、アマチュアゴルファーの使用者が爆発的に増えました。

フレループの使い方はとてもシンプルで、グリップを握ってゆっくりと素振りをするだけです。

正しいスイングができていないと、手の中でグリップが回る仕組みになっていますので、そうならないように素振りを続けていくだけで、正しいスイングプレーンを身に付けられるのです。

ダイヤスイング527

続いてご紹介するのは、「ダイヤスイング527」です。

ゴルフスイングに大切な、リズムとタイミングを身に付けられます。

ダイヤスイング527は、そのゴルファーのスイングが、どこで最も加速しているかを確認できる練習器具です。

先端部についているダイヤルを回し、自分のヘッドスピードや、目標としているヘッドスピードに合わせてスイングをすると、ヘッドスピードが設定した速度に達した時と減速した時に「カチッ」と音がします。

インパクトゾーンとフォロースルーゾーンで音が鳴るようにスイングができれば、理想的なスイングリズムで振れているということになるのです。

バランスレッスンミニ

「バランスレッスンミニ」も、正しいスイングを身に付けるためにおすすめの練習器具です。

ゴルフスイングに必要不可欠な、体重移動がスムーズにできるよう開発されました。

バランスレッスンミニは、見た目でわかるように、バランスが取れていなければ立っていられない形状になっています。

体重移動がスムーズに行えた時のバランスの良いスイングは、キレの良い安定したボールを生み出します。

始めは立つだけ、そこから素振りをしてみて、ハーフスイングで実際にボールを打つなど、段階的に練習の難易度を上げていきましょう。

アプローチを上達させたい時の練習器具

iStock.com/microgen
iStock.com/microgen

次に、グリーン周りのアプローチの上達に役立つ練習器具です。

アプローチが良くなってピンの近くにボールがつけられるようになると、1パットの確率も増え、スコアアップにつながります。

ベタピンアプローチ

アプローチを上達させたい時は、「ベタピンアプローチ」がおすすめです。

ボールを打つ練習と聞くと、ゴルフ練習場に行かなければならないと思いがちですが、この練習器具があれば、室内で思い立った時にアプローチ練習ができます。

室内で練習する時はプラスチックや発泡スチロール製のボールを使用し、屋外や安全な場所の場合は実際のゴルフボールでも練習できます。

使用しない時はコンパクトに折りたためるのも便利です。

Fujitaタッチマット

藤田寛之プロと共同開発して生み出された練習マットが、「Fujitaタッチマット」です。

スイングした時にクラブのソールでマットをこすると、その部分の色が変わって、どこからクラブが接地したかが一目瞭然なので、素振りだけでも狙ったところにヘッドを落とせているかが確認できます。

練習用ボールも付属しているため、実際に打ってどんなボールが出るか確かめることもできます。

ベタピンアプローチと組み合わせて使うのも効果的です。

パターを上達させたい時の練習器具

iStock.com/WichienTep
iStock.com/WichienTep

最後に、パターを上達させたい時の練習器具のご紹介です。

パターを制する者はスコアを制す」という言葉があるように、パット数の改善はスコアアップに直結します。

どこでもパットパター練習

コンパクトで場所を選ばない、「どこでもパットパター練習」です。

メジャートーナメント級の超高速グリーンを体感できます。

幅約15センチとスリムなマットなので、集中力を高めることにも効果的。

低価格で入手しやすく、コストパフォーマンスが良い点も魅力的な練習器具です。

パターレッスンミラー

パターの正しいアドレスを確認できる「パターレッスンミラー」です。

ボールを器具の凹み部分に置いてアドレスを取ると、ボールをのぞき込む自分が鏡に映って見えるので、効き目がボールの真上にあることを確認し、目と肩がラインに平行になるように構えます。

正しいアドレスは、正しいストロークを生みます。

この器具で身体がしっかりと正しいアドレスを覚えて、繰り返し使用すると良いですね。

コンパクトなので、ラウンド前の練習グリーンで使うのもおすすめです。

打点位置の確認にショットマーク

最後に紹介するのは、クラブヘッドがボールを芯でとらえているか目で見てわかる「ショットマーク」です。

クラブフェースに貼って使用し、ボールがフェース面のどこに当たったかがひと目でわかります。

ドライバー用、アイアン用、ユーティリティフェアウェイウッド用の3種類が販売されていますので、どのクラブにも利用可能です。

打球痕を確認しながら、芯に当てるにはどうしたら良いか、スイングを調整していきましょう。

練習器具の使用方法を動画でチェック!

以下のサイトで、ここで紹介しているフレループ、バランスレッスンミニ、ダイヤスイング527、ショットマークの使い方を動画で教えてくれています。

ぜひこちらも参考にしてください。

練習器具を効果的に取り入れて効率良く上達しよう!

ゴルフの練習は練習場でボールを打つだけではありません。

練習器具を利用すれば自宅での練習も可能なため、隙間時間や思い立った時に練習をすることができます。

また、自分の抱えている弱点や悩みをピンポイントに解決してくれる練習器具もあります。

どのように上達したいかによって練習器具を上手に使い分けて、効率的に練習を重ねていきましょう。

  • HOME
  • 基礎知識
  • コースでのプレー時間はどのくらい?初ラウンドで緊張しないためのマニュアル