初心者のためのゴルフの始め方ガイド by GOLF5初心者のためのゴルフの始め方ガイド by GOLF5

準備するもの

初心者卒業の証?初めてのクラブ買い替えのタイミングと目安

2022/05/05

iStock.com/taka4332

ゴルフを始めてある程度経験を積むと、もっとクラブにこだわりたいと買い替えを考え始める人は少なくないでしょう。しかし、初めての買い替えとなると、本当にこのタイミングで替えても良いのか、クラブはどのように選べば良いのかなど、不安になるかもしれません。 そこでここでは、初めてクラブを買い替える人が迷いがちなタイミングと、買い替えるクラブの選び方についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

初めてクラブを買い替えるタイミング

iStock.com/show999

まずは、初めてクラブを買い替えるタイミングについて見ていきましょう。

考えられるタイミングとしては、3つあります。

新たな目標を立てた時

iStock.com/oatawa

1つめは、新たな目標を立てた時です。

初めてコースに出た日は、上手くプレーができず、落ち込んで帰宅した、という人もいることでしょう。

しかし、練習を重ねるうちに、できなかったことができるようになって、「スコア100を切りたい」「90を切りたい!」と、具体的な目標が出てくるようになります。

目標を設定した時が、まさにクラブの買い替えのタイミングです。

心機一転、新しいクラブと共に目標達成に挑みましょう。

フックや引っかけが出だした時

iStock.com/PhotoTalk

2つめは、フックや引っかけが出だした時です。

フックとは打ち出した方向から左にカーブして曲がっていってしまうボールのことを指し(右打ちの場合)、引っかけとは狙った方向よりも左に真っすぐ飛んでいくボールのことを指します。

多くの場合、狙ったところよりも左にボールが飛んでいってしまうのは、OBなどのミスにつながりやすいです。

ゴルフ初心者は、ヘッドアップや手打ちなどが原因で、右にボールが回転して大きく右方向に飛んでいってしまうスライスボールに悩まされることが多い傾向にあります。

しかしある程度ゴルフ経験を積み、ボールをつかまえられるようになってくると、今度はフックや引っかけが頻発するようになります。

これらの球筋が出だしたと言うことは、脱初心者の証とも言えるので、このタイミングでクラブを買い替えるのがおすすめです。

なぜなら、多くの初心者用のクラブは球をつかまえやすく作られており、初心者のスライスと相殺されるようになっているため、こういったクラブでスライスしない打ち方ができるようになると自然と左方向への打球が増えてしまうからです。

物足りなくなってきた時

iStock.com/kosmos111

3つめは、使用中のクラブが物足りなくなってきた時です。

ゴルフ初心者の方は、始めのうちは知人からクラブをもらったり、とりあえず安い値段で売られている初心者セットを購入したりと、どのクラブが合うかもわからないため、クラブに関してあまり頓着しないで入手してしまう傾向があります。

ゴルフにも慣れてきてスイングが固まってくると、もっと硬いシャフトや重いクラブが振れる気がするなど、今までのクラブを物足りなく感じることが出てくるため、その時がクラブ買い替えのタイミングと言えます。

買い替えるクラブの選び方

iStock.com/Kameleon007

クラブの買い替えを決めたのは良いものの、買い替えるクラブはどのように選ぶと良いのでしょうか?

以下で、クラブの選び方についてご紹介します。

ゴルフショップで相談する

iStock.com/IPGGutenbergUKLtd

まずおすすめは、ゴルフショップで相談する方法です。

ゴルフショップには「クラブフィッター」と呼ばれるスタッフが在籍していることが多く、現在使っているクラブや解消したい悩みを確認した上で、合うクラブの提案をしてくれます。

数本候補が出揃った上で試打をしながらコンピュータでヘッドスピードや飛距離を見ることもできますので、データや実際の打った感触を確認しながら最適な1本を選べるでしょう。

同じメーカーで揃える

iStock.com/NiseriN

次に、同じメーカーで揃える方法です。

クラブは必ずしも同じメーカーで揃えなければならないというものではありません。

現に、ドライバーなどウッド系はキャロウェイ、アイアンはテーラーメイド、ウェッジはタイトリストなど、バラバラのメーカーのクラブを選んで使っている人がほとんどです。メーカーやブランドに縛られずにクラブを選べることはアマチュアの特権です。

しかし、初めてクラブの買い替えをする人にとっては、どのクラブが合うかもわからない状況の中、バラバラのメーカーを使用することは難度が高いかもしれません。

重さの“つながり”を良くするため、または振り心地を統一するために、同じメーカー、さらに言えばそのメーカー内の同じブランドで揃えることは有効な手段です。

また、「赤ちゃんが初めて見た人を母親と認識する」みたいな話ですが、ゴルファーは、ゴルフを覚えた時に使用したクラブの“顔”(構えた時に見えるイメージ)や振った感触に慣れ親しみます。

同じメーカーのクラブなら、モデルが違ってもなんとなく構えた感じの雰囲気が近いということも多いため、すんなりと新しいクラブに慣れるということが意外と多いのです。

少しだけ重い・硬いと感じるクラブを選ぶ

iStock.com/stock_colors

最後に紹介する方法は、少しだけ重い・硬いと感じるクラブを選ぶというものです。

現在使っているクラブが物足りないと思う理由として、体がスイングに慣れ、クラブをより上手に振れるようになってヘッドスピードが上がってきたということが考えられます。

また、特にアイアンなどでトップのミスが増えてきた時は、ヘッドスピードが速くなっている可能性があります。

そのヘッドスピードに合うように、少し重め・硬めのクラブを選ぶと、よりショットが安定するようになるでしょう。

ただし、クラブを買い替えることによって、ドライバーフェアウェイウッドより重くなったり、ユーティリティアイアンよりも重くなったりするなどしないように注意してください。

ゴルフクラブは、長いものほど軽く、短くなるにつれて重くなるようにすることで、セットの中で同じ振り心地でスイングできるように設計されています。

ですので、クラブを買い替えて一部のクラブを入れ替える場合は、この重量フローが逆転しないように注意してください。

新しいクラブでさらなる上達を目指そう!

MichaelSvoboda

初めてクラブを買い替えるという人に、不安はつきものです。

今使っているクラブが自分に合っているかどうかわからず、クラブの選び方もわからず、結局時間だけが経ってしまったという人もいることでしょう。

クラブを買い替えるタイミングと選び方を知って、ぜひ、初めてのクラブの買い替えに役立ててください。

クラブが新しくなると、練習にも熱が入り、上達への好循環に入りやすくなります。

新しいクラブで上達して、今よりももっとゴルフを楽しんでください!

  • HOME
  • 基礎知識
  • コースでのプレー時間はどのくらい?初ラウンドで緊張しないためのマニュアル