初心者のためのゴルフの始め方ガイド by GOLF5初心者のためのゴルフの始め方ガイド by GOLF5

ラウンドをしよう

練習場や自宅でできる!バンカーショットが上手くなる練習方法

2022/04/09

練習場や自宅でできる!バンカーショットが上手くなる練習方法
iStock.com/_jure

バンカーとは、地面に大量の砂が敷き詰められた一角で、ゴルフコース内に設置されているハザード(障害物)の1つです。 そんなバンカーですが、とにかく苦手! というゴルファーは多いです。 せっかく調子良く来ていたのに、バンカーに入れてしまってスコアを崩す人が後を絶ちません。 バンカーから脱出する技術は、ぶっつけ本番で習得できるものではありません。他のクラブと同じように練習を重ね、上手くなっていくものです。 そこで今回は、練習場や自宅でできる、バンカーショットの練習方法をご紹介します。

バンカーショットのポイント

iStock.com/Antonio_Diaz
iStock.com/Antonio_Diaz

バンカーショットでは、ボールを直接打たず、手前の砂ごとボールを打つことがポイントです。

ボールの手前を打って意図的にダフらせることで、ボールを外に出せます。

よほどアゴの高いバンカーでなければ、フェースを思い切り開く必要はありません。

砂の抵抗を逃がすことを目的に、いつもより少しだけフェースを開き、その分だけスタンスをオープンにして、バウンス(クラブの底の部分)を滑らすイメージを持ちましょう。

ボールは少し左足寄りに起きます。クラブが鋭角に入ることを防ぎ、ボールをきれいに上げられます。

バンカーショットでは、ゆるみは禁物です。砂の抵抗に負けてボールを外に出すことができなくなります。

軽く膝を曲げて下半身をどっしり構えて固定して、打ちたい距離に合わせて決めた振り幅をしっかりと振り切ります。

ちなみに、バンカーショットでの飛距離は、通常のショットの約3分の1となります。なので、10ヤードのバンカーショットなら、30ヤード飛ばすくらいの振り幅でスイングするといいでしょう。

バンカーショットでは、これらの点を意識して思い切り打っていきましょう。

バンカー練習場での練習方法

iStock.com/Fokusiert
iStock.com/Fokusiert

ゴルフ練習場にバンカー練習場がある場合は、積極的に利用して砂ごとボールを運ぶ感覚を磨いていきましょう。

1球1球置いたボールを打つ練習を行うのも良いのですが、それではボールが出たか出なかったのかという結果しか見えません。

バンカー練習場では、毎回ボールの手前の同じ場所にクラブヘッドを入れる練習がおすすめです。

まず、バンカー内で自分の正面に縦に1本線を引きましょう。

その線上にボールがあることをイメージして、その線の手前にクラブヘッドを入れて架空のボールを打つように、意識を集中してショットしましょう。

クラブヘッドが入って出た跡が砂に残りますので、自分がどのように打っているかを客観視できます。

前に進みながら、連続してスイングするとより効果的です。

慣れてきたら、引いた線の先にボールを置いて、実際にボールを打ってみましょう。

バンカー練習場がない練習場での練習方法

iStock.com/yupiyan
iStock.com/yupiyan

練習場でできる、バンカーショットの練習方法を3つご紹介します。

通っている練習場にバンカー練習場がない、という人もいることでしょう。

バンカー練習場がないからと言って、バンカー練習ができないわけではないのです。

ティーアップして打つ

iStock.com/lolostock
iStock.com/lolostock

1つめは、ティーアップしたボールを打つ方法です。

ボールを、マット上ではなく、少し高め(1~2センチ)に設定したティーの上に置いて地面から浮かせ、バンカーショットと同じようにサンドウェッジで打っていきます。

バンカーショットは手前の砂を打ってボールを出しますので、この練習方法でも、同じようにボールを直接打つことはしません。

ボールをセッティングしてあるゴムティーをだけを打ちましょう。

ゴムティーだけを打ってボールがフワッと上がれば、上手く打てた証拠です。

※練習場によってはゴムティーの上からのアイアンショットを禁じているところもあります。必ず練習場の指示に従ってください。

バウンスでマットを叩いて振り抜く

iStock.com/Scottshotz
iStock.com/Scottshotz

2つめは、サンドウェッジバウンスでマットを叩いて振り抜く練習です。

バウンスとは、クラブの底(ソール)の、出っ張った部分のこと。

フェースを開くとバウンスがリーディングエッジよりも下に出っ張るので、そのままスイングをすると、最初に砂に接地します。

バンカーショットでは、バウンスを先に着地させることで、クラブが砂に潜っていかず、ソールがスムーズに滑っていきます。その感覚をつかむことが大切です。

練習マットをバウンスで叩いてそのまま振り抜く練習で、バンカーショットの感覚を身に付けていきましょう。

この練習方法は、ボールを置かないで、練習マット上の素振りだけでも行えます。

ボールの下にタオルを敷いて打つ

iStock.com/Ayman-Alakhras
iStock.com/Ayman-Alakhras

3つめは、ボールの下にタオルを敷いて打つという方法です。

タオルのサイズによりますが、三つ折りか四つ折りにして厚みを出したタオルをマットの上に置き、その上にボールを置きます。

このタオルを砂に見立て、バンカーショットのつもりで打っていきましょう。

この練習で、砂を弾いて飛ばす感覚が身に付きます。

ボールを直接ではなく、タオルを打つ練習ですので、タオルがインパクトで飛んでいってしまうこともあります。

右端部分をマットに挟み込むなど、タオルを飛ばさない工夫が必要ですが、周囲に注意して行ってみてください。

クッションの上にボールを置いて打つ

iStock.com/KatarzynaBialasiewicz
iStock.com/KatarzynaBialasiewicz

練習場にもなかなか行けないという人は、自宅でクッションを使ったバンカー練習がおすすめです。

これは、柔らかいクッションの上にボールを置き、砂のつもりでボールの手前を打ってボールを飛ばす方法です。

通常のゴルフボールを使ってしまうと、家具や壁にボールが当たってしまった時に家を破壊しかねませんので、練習用のスポンジボールを使うと良いでしょう。

ボールの手前からヘッドを入れているので、ヘッドを大きく振っていっても、ボールはそれほど飛ばないはずです。

ボールの手前を打つ感覚をつかむことはもちろん、クラブを思い切り振ったらホームランして飛んでいってしまうのではないか、という不安から小さくしか振れない人に効果的な練習方法です。

もちろん、クッションの代わりに前述のタオルを使って練習しても構いません。

バンカーショットのコツをつかんで、スコアアップ!

iStock.com/Kolbz
iStock.com/Kolbz

特に初心者のうちは、バンカーショットを苦手にしている人が多いです。

けれど、狙っていなくても入ってしまうのがバンカー。出さなければ前に進めません。

バンカーショットは、ボールの手前を打つ感覚を覚えることが大事です。

バンカー練習場でできる練習方法に加え、バンカー練習場がない練習場や自宅でもできる練習方法をご紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

バンカーショットへの恐れをなくして、スコアアップを目指してください。

  • HOME
  • 基礎知識
  • コースでのプレー時間はどのくらい?初ラウンドで緊張しないためのマニュアル